和栗のカレ・オ・ショコラ GIFT BOX

6,780円 (税込) 7,500円以上送料無料
全国一律1,200円(クロネコヤマト・冷凍便)でお届け致します。
税込み7,500円以上ご購入で送料無料となります。
6,780円 (税込)

商品の詳細

国産和栗の最高峰、京都・丹波が誇るブランド栗を丸ごと使用。
野趣溢れる渋皮を活かし、黒砂糖で煮込み、隠し味の醤油でコクを出し、艶やかな渋皮煮に。
フランスの古典菓子であるパン・ド・ジェンヌを土台に、栗の餡とガナッシュ、カスタードをあわせたクリームで優美に形成し、栗を中心部に忍ばせました。
ゆっくりとナイフを入れれば、なめらかなクリームに続き、隠れた栗の存在を確認でき、見事な断面に心弾むことでしょう。
口に運べば、まず芳醇なショコラが広がり、続いて栗の風味を満喫すると、優雅な余韻へと導いてくれます。ショコラと栗が織り成す多彩な表情は、洋菓子のようにも、和菓子のようにも。
ミニマルでリュクスな正方形に、本物の贅沢が詰まっています。

GIFT BOX
【同梱物】オリジナル化粧箱(GIFT BOX)、ブランドカード、説明書、手提げ袋

カテゴリー スイーツ・果物
消費期限 発送日から賞味期限20日以上の商品をお届け
原材料 和栗、乳等を主要原料とする食品(脱脂濃縮乳、クリーム、乳)、カスタードクリーム(生乳、砂糖、植物油脂、鶏卵、全粉 乳、でんぷん、乳蛋白、ゼラチン、小麦粉、食塩、バニラ) 、チョコレート、バター、アーモンド、鶏卵、小麦粉、コーンス ターチ、ココアパウダー、洋酒、銀粉/グリシン、加工澱粉(一部に卵、乳成分、小麦、ゼラチン、アーモンドを含む)
内容量 1個
2名~4名様向け
保存方法 要冷凍(-18℃以下)、冷蔵解凍後はお早めにお召し上がりください。
アレルギー情報 卵、乳、小麦、ゼラチン、アーモンド
1つあたりのおおよそのサイズ 【商品サイズ】約65㎜×65㎜×65㎜(横×縦×高さ)
ギフト対応の詳細 商品1個につき1枚の手提げ袋をお付けしております。
その他 ※離島・一部地域への配送は承りかねます。
※個別アレルギーへの対応は致しかねます。
※交通状況、天候状況などによりお届けが遅れる場合がございます。
※当店では環境保全の一環として、お買い上げ明細書(納品書)の同梱をしておりません。
商品の特徴 冷凍ギフト対応
お客様都合での返品・交換は一切承っておりません。
ただし、お届けした商品に破損、汚損等あった場合や、注文品と違う商品が届いた場合はその限りではありません。
※一部配送地域(離島など)は、お届けまで日数をいただきます。また、追加で送料を頂く場合がございます。
※交通状況、天候状況などによりお届けが遅れる場合がございますのであらかじめご了承ください。
※お客様の住所ミスにより再配達の場合は送料はお客様のご負担になります。
※当店では環境保全の一環として、お買い上げ明細書(納品書)の同梱をしておりません。
6,780円
(税込) 残り3個

和栗のカレ・オ・ショコラ GIFT BOX

6,780円 (税込) 7,500円以上送料無料
全国一律1,200円(クロネコヤマト・冷凍便)でお届け致します。
税込み7,500円以上ご購入で送料無料となります。
6,780円 (税込)

BRANCHÉ CHOCOLAT (ブランシェ ショコラ)

東京都

『BRANCHÉ CHOCOLAT』は、「本質的に良いものを広めていきたい」と言う思いのもと立ち上げた高級スイーツブランドで、フランス語で“繋ぐ”を意味する「BRANCHÉ」と“チョコレート”を意味する「CHOCOLAT」から名付けました。 【BRANCHÉ CHOCOLATに込めたシェフの想い】 ひとつのスイーツとは言え、伝えられることは大きいと信じています。BRANCHÉ CHOCOLATのこだわりは、 実際に日本各地へ足を運び、改めて素材を掘り下げ、食材の生産者と向き合うこと。 創る「こだわり」と食べる「楽しみ」を大切にすることで、確かなストーリーをもつ本物に仕上がります。 一つの食材に対して50案以上のレシピを検討したり、試作と試食会を繰り返したりと試行錯誤を重ねながらも、 いつもスペシャルで誰からも愛される味を探し続けたいと思っています。 冷たい状態からショコラが溶けていくテクスチャーを楽しむのも良し、少し室温に戻して食材本来の香りを楽しむのも良いでしょう。食感のコントラストはもちろん、驚きのある美しい見た目にまで、妥協せずにスイーツと向き合いたい。 産地の方々と召し上がってくださる皆さんと一緒に、BRANCHÉ CHOCOLATを丁寧に育てていきたいですね。 【薬師神 陸シェフ プロフィール】 2014年~予約困難なレストラン『SUGALABO』の立上げシェフとして国内外を飛び回り、 日本の素晴らしい食に纏わるコンテンツをシェアするため料理を振る舞う。 2019年に独立し、日本で唯一のカリナリープロデューサーという肩書きで"食のリテラシーを磨く"をコンセプトに新しい料理人の在り方や、食体験の提案を続ける。2020年虎ノ門ヒルズに1日8席だけのハレの日限定レストラン「unis(ユニ)」をオープン。

この店舗の全商品を見る